婚活パーティーで出会った女の子にメッセージを送って失敗した2つのパターン

メッセージ文
仕事なんですね
たしか50号にバイキングレストランがあったような

あと、こってりの天下一品ラーメン知ってますか?僕けっこう好きなんです
美容院いってきたんですね
かわいらしい感じ、早くみたいです



女性の本音
誘いたくてお店を紹介しているようだが、行こうとも言わない。
そのくせ、「素敵な君に会いたい」というメール。
誘いたいのは分かるが、はっきりしないので放置した。


解説
この女性は、
「誘いたくてお店を紹介しているようだが」
と言っているが、もしかするとこの男性は、単にメールで雑談がしたかっただけという可能性もあるかな、と思いました。

そもそも、この女性は、誰かとメールのやり取りを楽しみたいタイプではないのでしょう。
「いいから結論を言えよ!!」
ってタイプ。

一部、女性を口説きたければマメにメールのやり取りをしなければならない。
とか、
女はメールが好き
とか、思いこんでいる男がいるんですが、そんなことありませんから。

僕の感覚で言うと、メールのやり取り自体を楽しみたい、メール好きの女性は、全体のせいぜい1割か2割です。

また、出会いが多く、モテる女性ほど、チマチマとしたメールのやりとりをめんどくさがります。

当然でしょう。

出会いが多く、モテる女性ほど、男が想像もつかないほど、毎日毎日毎日毎日、上記のようなメールをもらい続けてますから。

そんなの、いちいち相手してたらそれだけで日が暮れてしまいます。


メッセージ文
いえいえ、どうしたしまして
でねぇ、次回の約束をしたいのですが?

Kちゃんの時間に合わせますのである程度の決めて頂けますないですか?

よろしくお願いいいたしますねぇ


女性の本音
会いたい気持ち満々なのに、自分で決められない。
日本語が変で気持ち悪い。

解説
メールに限らず、行く場所とか日時とかを女性にまるなげしたら、即アウトです。

この程度の文字数で「頂けますないですか?」のような誤字脱字の類もNG

これが気にならないのは、感性がおおざっぱすぎます。

「でねぇ、次回の約束をしたいのですが?」
や、
「よろしくお願いいいたしますねぇ」
のような、個性的な文体も避けた方が無難です。

よく知らない人の、よく分からない個性は気持ちが悪いものです。

サブコンテンツサブコンテンツ

このページの先頭へ