絵文字や顔文字を使ってキモいと言われないため!5つの失敗しないためのルール

絵文字や顔文字をどのくらい使えば良いのか?

いわゆる「ニュアンス」の部分のお話になります。

それから、ここでは、絵文字・顔文字・デコメ・記号(☆とか♪)をまとめて「ニュアンス文字」と表現しますので、よろしくお願いします。

あまりこういった造語は使いたくないのですが、説明のため便利なので、ご容赦ください。

さて、人によって、
「相手に冷たい印象を与えないように、一文に1つバランスよく使いましょう」
とか、
「男が絵文字を使うとキモチワルイと感じる女性がいるので、なるべく使わないようにしましょう」
とか、それぞれ「そうかもしれないなぁ」と納得できそうなんですが、僕のやり方はもう少し具体的に決まっていて、
1、絵文字は使わない
2、顔文字は ^^ のみ使用可 ^_^; と(TT)くらいなら、まあ良し。
3、☆ ♪ 。。。 を併用
4、1回のメールで同じニュアンス文字は使わない
5、「ひらがな」を多めに使う

です。

おそらくこれが、もっとも取りこぼしの少ない方法です。

「相手に冷たい印象を与えないように、一文に1つバランスよく使いましょう」
とか、
「男が絵文字を使うとキモチワルイと感じる女性がいるので、なるべく使わないようにしましょう」
といった種類のやり方も、そう間違っているとは思えないのですが、2つ、抜けています。

1つめ。年齢の差と世代感覚の問題

2つめ。出会いの場の問題





世代によってメールで使える顔文字、絵文字などは限られてくる

では、1つめから。

まず、こういった絵文字や顔文字については年齢の差が与える影響を無視できません。

つまり、20歳の男性から20歳の女性に向けて
「こんにちは(絵文字)昨日はありがとうね(絵文字)焼き鳥美味しかった~(絵文字)」
と送るのと
45歳の男性から20歳の女性に向けて
「こんにちは(絵文字)昨日はありがとうね(絵文字)焼き鳥美味しかった~(絵文字)」
と送るのでは、まったく同じ文面、まったく同じ絵文字であっても、受け取った女性の印象が全然違う、ということです。

とくに、40代~50歳くらいの男性の恋愛相談に乗っていると、ときどき感じることがあります。

「あれ? この人、自分が女性から45歳だと認識されている事、分かっていないぞ」
と。

だから、40代なかばの男性がいきなり、普通に女子校生を口説いて、気持ち悪がられ、その事に傷ついたりする。

こうやって、冷静でいるときは、
「そんなの当たり前じゃん。女子校生から見たら40代なかばはお父さんだし、普通は気持ち悪いと思われるでしょ」
って分かるんですが、これが、いざ、惚れてしまうと、もう、ダメ。

45歳のおじさんでも、とたんに気持ちは20歳の青春まっさかりに若返り、暴走してしまう。
(べつにオジサンが女子校生を口説くな、という意味ではないですよ。念のため。年齢に応じた、つまり、相手からの見られ方に応じたやり方がある、という意味です)

ともかく、相手の女性は、男性を、大人の男だと認識していたのに、いきなりメールで、絵文字キラキラで若づくりしたようなノリノリな空気を見せつけられてしまうと、そのギャップに気持ち悪さを感じて、引きます。

だから、
「もっと絵文字で飾りましょ~♪」
って教えている「自称・恋愛のプロ」が、たとえば20歳だったとして、その人のやり方を、40歳とか50歳の男性がそのまま取り入れると大変なことになる。

そして次にあるのが、世代の感覚の問題。

たとえば僕は、1979年生まれなんですが、携帯とかメールの無い時代を育っています。

こんなに普通に携帯メールをやり取りするようになったのは、大学生になってから。

で、昔は顔文字も絵文字もなかったんです。
(ああ、ついに自分も『昔は』とか発言する年齢になってしまった(TT))

だから、僕の世代くらいって、顔文字とか絵文字に慣れていません。特に絵文字。

「慣れていない」っていうのは今の若い人と比較して、っていう意味ですよ。

少なくとも、中学とか高校時代から絵文字が当たり前の世代に比べると、顔文字や絵文字に抵抗がある。

これは女性も同じで、そうすると、過度な顔文字は、こどもっぽい。

ましてや絵文字なんて、女子供が使うモノみたいな感覚があるんです。

女性によっては、男が顔文字を使っただけでゾワゾワ~ってする、なんて人もいます。

ましてや絵文字なんて問題外。

男のデコメは死ね。

そういう世代の「感覚」です。

もちろん、全員がそうというわけでは無く、あっさりと男からのキラキラしたニュアンス文字を受け入れている40歳くらいの女性もいるのですが、とりこぼしを避けるという意味で、不必要なニュアンス文字は使わない方がよいでしょう。





出会いの場が出会い系やソーシャル・ネットワークならどのようなメールがベスト?

これも、あくまでも『傾向』なんですが、mixi のようなSNS、そして出会い系や掲示板といった、インターネットでの出会いの場合、ニュアンス文字に対する許容の幅が広いです。

ネットで出会いを求める女性は、ネット文化に慣れている可能性が高いからです。

簡単にいうと、絵文字や顔文字に慣れている。

また、お互い、実際に会ったことが無いため、現実とのギャップが生まれない。

ニュアンス文字を最初からキラキラとした若いノリで使えば、それが第一印象なんで、そのまま受け入れられやすいんです。

さらに、やはり直接会ったことが無いため、むしろお互いに、ちょっと多めのニュアンス文字を
使って、少しでも誤解がないよう気を使い合う。

そういう空気が存在します。

だから、ネット系の出会いだと、ニュアンス文字を多めにした方がよい。

また、だからこそ、ネット系の出会いが前提のメール術を合コンや職場でそのまま使うと、ちょっとキモチワルイ(笑)

なんていうのかな……

2ちゃんねる、とかのノリを、そのまま現実に持ち込んだらイタイじゃないですか。

そう説明すれば、伝わるかな。。。

一方で、ナンパとか、職場とか合コンとか、そういうリアルな出会いをメインにしている人のメール術を、ネットの出会いに持ち込むと、女性からすると、ちょっと「冷たい」「堅い」「つまらなそう」と見られる傾向にあるんです。

ここを混同しちゃってる人、多いんですよ。

ともかく、ネットとリアルでは、メールのやり方を変えなきゃならない。

・・・

以上をふまえると、歳の差や相手の世代、出会いの場によって、全部メールのやり方を変えなければならない、という結論に至ります。

至るんですが……。

面倒ですよね(笑)

僕は面倒です。

だから、歳の差、世代、ネット用、リアル用で自分のキャラや表現をコロコロ変えるというやり方はせず、どちらに対しても、有効。

すくなくとも、ニュアンス文字の部分での女性からのNG、取りこぼしをなくす、万能な方針、というのを採用していて、そのルールが、

1、絵文字は使わない

2、顔文字は ^^ のみ使用可 ^_^; と(TT)くらいなら、まあ良し。

3、☆ ♪ 。。。 を併用

4、1回のメールで同じニュアンス文字は使わない

5、「ひらがな」を多めに使う
なんです。




出会い系でも合コンやナンパでもどんな女にも併用できる万能型5つのメールルール

では、順番に説明しますね。

1、絵文字は使わない

そもそも、「男の絵文字がキモチワルイ」という層を取りこぼさないために、絵文字は使いません。

じゃあ、どうやって文面から「冷たい」「堅い」「つまらなそう」というニュアンスを消し、大人の柔らかさ、男としての親しみやすさを演出するかというと、それが、次の「2」~「5」のルールです。


2、顔文字は ^^ のみ使用可 ^_^; と(TT)くらいなら、まあ良しかな…。

顔文字だけでも気持ち悪い、という極端な女性でも、^^ はまず受け入れます。

^_^; も (TT) も、その女性の文面がよっぽどドライでないかぎり、行けます。

あとは、その女性の受け入れられる幅が不明なうちは、
(* ̄▽ ̄*)
とか、
(゜.゜)
とか、ギリギリ、どうかなぁ……って感じ。僕なら止めとく。

( ・ω・)ノオハ♪

(ノ≧▽≦)ノ

(*≧д≦)
とか、このラインまで来ると、かなり
危なくなってきます。

とにかく、甘えたような、甘ったるいような、子どもっぽいような、男のぶりッ子的なやつは、ヤバいです。

念のため言いますが、絶対にダメってわけじゃないですよ。

相手がそれを受け入れるか、分からないうちは、止めときなさい、って話です。

女性と何回かメールをやり取りしながら、女性がどのくらい重たい顔文字を使うかをしっかり観察してください。

で、相手の女性より、軽い顔文字に止めたほうが無難、という意味です。

よって、その女性のメール文章が、絵文字・顔文字の類は一切使わない、というのであれば、こちらも一切の絵文字と顔文字を使ってはいけません。


3、☆ ♪ 。。。 を併用
この3種類は、まずオッケーですね。

これでNGをくらうとは思えませんし、くらった事もありません。

☆ ♪ は楽しそうなニュアンス。

。。。 は、・・・とか……とかをもうちょっと柔らかくした感じです。


4、1回のメールで同じニュアンス文字は使わない

ただし、同じニュアンス文字を1回のメールに何度も入れると変です。

「こんにちは☆昨日はありがとうね☆ 焼き鳥美味しかった~☆」
は、変ですよね。


5、「ひらがな」を多めに使う
これは細かい工夫なんですが、キラキラ・ブリブリしたニュアンス文字を避けるぶん、文章全体の雰囲気がかなり重要になってきて、そのための工夫です。

たとえば、
「今日は。昨日は有難うね。焼き鳥美味しかった」
よりも、
「こんにちは。昨日はありがとうね。焼き鳥おいしかった。」
の方が柔らかいですよね。

メールって簡単に漢字変換できちゃうんで、やたらと全部を漢字変換する人がいるんですが、漢字って使えば使うほど、「堅くて」「つまらない」イメージになります。

全部ひらがなというのも微妙ですが、名詞を漢字にして、動詞と形容詞はひらがなにする、とか、そのくらいのバランスが調度いいと思います。

ま、だいたいですよ。だいたい。

あと、細かいとこですが、平仮名にするとはいえ、
「ぼく」
は禁止です。

かなり子どもっぽくて、女性によってはマザコンを連想します。

「僕」
にしてください。

あなたの一人称が「オレ」なら「オレ」がいいかなぁ。

「俺」も悪くはないか…。

「おれ」は、ちょっと注意が必要な感じがします。




小さい「ぉ」「ぃ」とかひと昔前の女子校生が使ってそうな文字は使っていい?

あけましておめでとぉ
ついに 2015 年だよっ
ことしのおれは成人式だっ
○○ちゃんも、自分なりに成長して良い年にしてくださいぃ
おれは応援してるからぁ~
そして今年もよろしくねっ

みたいなのは絶対に禁止です。

男同士でもらっても、普通にキモチワルイですよね。

女の子がもらっても、同様にキモチワルイと感じます。 そもそも、男同士でやり取りしてキモチ悪いようなメールを、女性に送ったりしてはいけません。

ニュアンス文字に限らず、メール術全般、すべてにわたって言えることですが、女性に対しても、あなたが、あなたの男友達に送っても恥ずかしくない内容、文体、頻度のメールを送らなければならない。

「女はこういうの、好きなんだろ」

みたいなのは、ただの偏見です。

とにかく、男のぶりッ子は禁止。

これが許されるのは、かなり仲の深いカップルの間だけです。
サブコンテンツ

このページの先頭へ