第一印象であなたに興味を持っている女性のタイプ別攻略法

 領域「C」について。
※領域についてはこちらを御覧ください。
女性との関係性でメールの頻度は変わる!あの女性との親密度はどの地点?

ちなみに、理想的な口説きのパターンは、女性と直接顔を会わせた段階で、「C」の領域に行くことです。

もちろんベストは「D」で「好き。付き合いたい」ですが、それには運とタイミングとあなたの外見と女性の好みとのマッチなど、どうしてもこちらではコントロールしきれない要素が多いので。

やはり、目標は「C」でしょう。
「この人、面白そう男として興味あるかな」
という状態です。


今回も領域「B」と同様、女性を次の3パターンに分けて考えます。


1、婚活中もしくは、絶賛彼氏募集中の女性

このタイプの女性が相手であれば、「C」の領域に行けた時点で、まず落とせます。

同じ集団とか、合コンとか、パーティーとか、そういうのも全然関係ありません。

ただし、やはりメールというのは、こちらの意図しないニュアンスで受け取られてしまう危険があるためここでも必然性のないメールは避けたほうが無難です。

無駄なミスをしなくて済みます。

直接でも、電話でも、メールでも、さっさと誘って、さっさとデートしてください。


2、積極的に出会いを求めていない女性

相手が積極的に出会いを求めていなかったとしても、領域「C」の判定であれば、充分に行けます。

が、積極的に出会いを求めている場合よりも慎重に行動してください。

「慎重に」というのは、具体的に言うと、「ガツガツ感を出すな」ってことです。

もちろん、「ガツガツ感を出すな」と言っても、誘わなければ先に進めませんので、食事なりデートなりには、必ず誘ってください。

じゃあ、何に気を付ければよいかっていうと、メールで口説こうとするなって事です。

メールはこちらの意図よりも、重たいニュアンスやトゲのあるニュアンスで伝わりやすいので、メールで口説こうとすると、ガツガツ感が出やすいです。

また、こちらにその気がなくても、ガツガツ感を感じさせてしまい易いです。

その辺を踏まえたうで、また、出会いの3パターンごとに解説します。


1、学校やサークル等、同じ集団に所属する場合

積極的に出会いを求めていない女性にとって、「C」判定で、この出会いは、一番理想的な形です。

このステージであれば、必然性の無いメールを打っても受け入れてくれる女性は沢山います。

が、逆に、このステージであってすら必然性の無いメールを受け取ると引いてしまうという女性も一定数存在します。

また、無意味にニュアンスやコミュニケーションのズレを発生させて、無駄なミスの可能性なども含めると、やはり、必然性の無いメールはしないという選択が取りこぼしがなくてよいでしょう。

同じ集団にいるんだから、直接誘ってください。

それと、相手が積極的に出会いを求めていない、「自然な恋愛がしたい」という部分も考慮して、誘い方も、理由づけの部分をきっちりと作っておくのが良いです。

あくまでも、話の流れで。

たまたま2人で見たい映画の話で盛り上がったから行く、とか、 たまたま2人とも興味あるお店があるから行く、とか、あるいは、同じ集団なんだから、2人で何かの幹事の打ち合わせとかイベントや仕事の打ち合わせとかだと更に良いです。

積極的に出会いを求めているタイプだと、この理由づけの部分は、単なる形式なんで、いいかげんで大丈夫なんですが、積極的に出会いを求めていない女性だと、ここは重要です。

丁寧に作り込んで、提案してあげる。

あくまでも、「自然な流れ」を演出してあげる。


2、合コンやパーティー等、出会いの場であれば積極的に出会いを求めていない女性が、こういう場所に来る場合、
「友達の誘い」+「興味本位」
であり、ウインドウショッピング感覚が強と、お話しました。

で、そもそもこういう場に来る男性に対して冷めている事すらあります。

なので、たとえ「C」の領域に入ったとしても、そこからが勝負の本番と認識してください。

油断すると、あっという間に切られます。

だって、このタイプの女性が本当に求めている形は、職場とかサークルとかの、同じ集団内での自然発生的恋愛なのですから。

じゃあ具体的にどのようにして誘えば良いかって言うと、やはり、直接会っているときに誘いの伏線をはっておくこと。

合コンなり、パーティーなりで会っているその時に、相手の女性の食べ物の好みをリサーチしておいて、
「こんどさ、また皆で食事しようよ^^
だめならデートでもいいよ♪
新宿で一番うまいイタリアンのお店
知ってるんだ☆」
って感じでジャブを打ってみて、相手の反応を見て、再び複数で出かけるか、2人で食事に行くか、決めます。

で、ここでそういう話をしておけば、その日、合コンなりパーティーなりを解散した夜に、すぐに電話して、その場でスケジュールを決めます。

電話で決まらなかったら、メールで日程を合わせる。

繰り返しますが、交渉事というのは、直接会っているときが一番決まりやすい。

それと、このタイプの場合、複数での食事会、飲み会を提案するとき、合コンっぽさをなるべく消してください。

家で鍋パーティーとか、みんなでバーベキューとか、そういう、社会人サークル的なノリの方が乗って来やすいです。

あくまでも、自然な出会いを欲しているので、
「これは出会いの場なんだ」
という臭いを消して、
「仲の良い皆で集まって楽しく!」
という体裁が重要です。


3、ナンパ

ナンパとは、「C」の領域に入ることだと思います。

「B」だと問題外。
「A」は……無いでしょう……。

街で声かけられた状態で、いきなり「好き、付き合いたい」まで行っちゃう女性って、逆に怖いですよね(^_^;)

で、ここからの連絡の取り方なんですが、一番、ありがちなミスが、キャラクターが変わってしまう事です。

ナンパ経験が浅くて、ナンパ本とかで勉強したネタで、なんとか連絡先を手に入れたって人に多いです。

たとえば、声かけする段階で、
「おつかれ様です^^飯、食いました?オレ、1週間くらい飯食って無くてもうすぐ行き倒れになりそうなんだけど、一緒にパフェでも食いません?
なんなら、オレが食うとこを見ててくれるだけでもいいんですけど(笑)」

みたいなネタを用意して、女性の反応を取ったとしますよね。

そういう路線で番号を聞き出しておきながら、家に帰ってするメールが、

「今日は突然声かけてすいませんでした。ところで○○さんはお仕事、何なさっているんですか?」
とか、おかしいですよね?

この女性は、あなたのネタを面白いと感じて、番号を交換したんですから。

ならば、そのキャラクターの延長で行かないと。

相手の期待とか興味を裏切る事になります。

「すっごい外見が好みなんです。ひと目ぼれしました(笑)ってか結婚してくださいよ^^ あ、二号でもいいですよ(笑)

オレたち絶対に相性が良いはずなんですって。分かるんですよね、オレ、そういうの(笑)」
みたいなノリで行ったら、そのキャラを貫かなければ。

こう言うと、
「でも、そんなにネタが続きません」
「メールで何を話せばよいか分かりません」
って人がいるんですが、そんなにネタを続ける必要はありません。

ダラダラとメールをするのも、リスクが増えるだけです。

直接話しているときのネタで、女性の反応が良かったキーワードを1つか2つ入れて、その時の楽しさを思い出させたら、さっさと誘う。

で、さっさと、会う日時を決めてしまう。

可能であれば、その日か翌日の夜にでもメールか電話で、決めてしまう。

そもそも、路上で声をかけて、ちょっと笑わせたり喜ばせたりしたくらいの関係性なんだから、メールで会話なんて不可能です。

相手がどんな話題を喜ぶのか、相手がどんな話題をつまらないと思うのか、分かる訳がない。

確実に喜ぶと分かっているネタは、声をかけたその時、女性が笑っていた、それだけなんですよ。

だから、それで十分。

それ以上は、リスクでしかない。


3、彼氏がいる女性

1、彼氏と熱々の時期
問題外。

2、倦怠期~既に形だけ
領域「D」のときと違って、少し用心が必要です。

あなたへの判定が、まだ「興味」の段階ですので、女性側も、今の彼氏からあなたへ切り替えて良いモノかどうか、しっかりとこちらを見極めてきます。

とはいえ、やる事は「D」の時とそうは変わりません。

ただ、「D」よりも、ミスが致命傷に成りやすいだけなので。
で、ちょっとした誤解やミスの可能性を極力減らすためにも、必然性の無いメールはしない方が無難。

だから、とりあえずお茶なり食事なりに誘ってみればよい。

一応、水族館とか映画とか、そういうデートっぽい場所は選ばない方がベターなのが、「D」との違いかもしれません。

女の子側の感情としては、あくまでもまだ「興味」の段階であって、今の彼氏から乗り換えるかどうかは微妙な時ですので。

少しでも、重たさを無くした方が良いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ