メールでデートや告白すると失敗する理由は?メールの4つの役割を知る

一番最初に、結論から述べます。

メールの役割は、
1、女性と仲良くなる

2、復縁のきっかけを作る

3、デートの約束を取り付ける

4、相手のタイミングを調べる

以上の4つです。

が、
1、女性と仲良くなる
は、ネットの出会いを中心とした、直接、顔を会わせる前段階がメイン。

2、復縁のきっかけを作るは、ここでは一旦保留。
※他のページで詳しく解説します。

3、デートの約束を取り付ける
なんですが、基本的には、デートの約束は、直接会っている時がベストです。

僕の基本スタンスは、
「メールで誘うな!直接会っているときに誘え。無理でも、最悪、電話にしろ」
ですから。

後で詳しくお話しますが、メールっていうのは凄く無視しやすいんですよ。

営業でもなんでも、交渉事の基本は直接会話です。

難しい交渉ほど、直接話さないと成立しません。

直でお願いされれば、相手だって断り辛いじゃないですか。

だから、無理めな相手の時ほど、直接会って交渉しなきゃいけない。

みんな、逆なんです。

無理めな女性ほど、メールで何とかしようとしちゃう。

営業やる人なら分かると思うんですが、女性のこちらに対する関心が低ければ低いほど、直接の交渉でないと、成立しないんです。

だから、最悪、電話。

で、じゃあ、いつ電話すれば良いのかっていうと、そのタイミングを探るのが、
4、相手のタイミングを調べる
で、これがメールの役割。

女の子をデートに誘うベストな流れは、直接会っているときに、デートの約束をしてしまう。

これが出来ていれば、メールでデートの場所と日時を決めても大丈夫です。

それが難しかった場合、あるいは、直接会っているときにデートの約束はしたけれども、本当に成約するか、イマイチ不安、そんな場合、電話で決めます。

深夜とか、女性が暇そうな時間にメールしてみて、数通のやり取りの後に、
「ところで、美味しいパスタとか食べたくない?」

「食べた~い(絵文字)」
みたいなノリになったら、その場で電話して、日時を決めてしまえばよい。


これ、すっごく重要ですよ。

その女性との関係性が微妙な場合、
「ところで、美味しいパスタとか食べたくない?」

「食べた~い(絵文字)」
の後もメールで交渉しようとして、

「じゃあ、行こうよ。いつが空いてる?」

なんて続けようものなら、
1、そこでパッタリメールが途切れる

2、「今は忙しい」とやんわり拒絶
とか、すっっっっっっごいよくあるパターンです。

男はビビっちゃって、その心理的ストレスに負けちゃって、すぐにメールだけで何とかしよとするんですが、やっぱり、不利な状況、微妙な状況をくつがえせるのは、
1、面と向かった直接交渉
2、電話
なんですよ。


だから、メールっていうのは、最悪、電話交渉に持ち込むためのワンクッションなんです。

いきなり電話だと、女性もちょっと心理的抵抗が大きくて出ない。

そんな場合でも、
1、その女性は、たまたま暇だったから、なんとなくメールに返信してみた。

2、そしたら、ちょっとメールが盛り上がったタイミングで、男性から、電話がかかってきた

3、つい今しがた、メールしている、そのタイミングだから着信を無視し辛くて、電話に出る

4、電話で直接誘われたから、断り辛くてまあ、軽く30分お茶するくらいなら…
と、デートに応じてしまう。

みたいな流れでしょうか。

あるいは、ネットでの出会いでも、デートに誘いだし、ドタキャンを防ぐための最良の流れは、
メール → 電話
です。


確率論ですが、これが最も、メールの長所を活かした、成功率の高い使い方です。

「僕は直接会話が苦手だから、メールで口説きたいんです」
という人。

逆です。

まったくの逆!!!

ハッキリ言って、メールは、直接会話の20倍は難しい!!

「僕は直接会話が苦手だから、メールで口説きたいんです」
という人は、自分の感情にしか目が向いていません。

自分が不安だから、メールに逃げているだけ。

違いますよね?

それじゃあ、口説けません。

自分の恐怖とか不安じゃなくって、
・どの方法が一番成功率が高いか?
・どの方法が最も低い技術で済むか?
そういう発想じゃないと。


みんな、自分の感情とか自分の欲望を優先しすぎてます。

とりあえず、自分の感情や欲望はおいといて、目的のために何をするのがベストか?
どの方法が最も成功率が高いか?


この発想で考えたとき、やはり、メールというのは、最も成功率が低いツールなんです。


だから、
「メールで誘うな!」
「メールで口説くな!」
と、常日頃から僕は、口をすっぱくして言っているわけです。





が、それはそれとして。

理想はそうなんですが、やっぱりどうしたって、そう理想通りに事が運ばない事ってありますよね。

どうしても、メールというステージで何とかしなきゃならない状況。

ベストは直接交渉ですが、例外だっていくらでもある。

だからこそ、そういったあらゆる状況、あらゆる例外の全てに対応すべく、このホームページを作りました。

まずは当サイトで、メールの本質をつかんでください。

一番重要な部分です。

みんな、そもそもメールとは何か?
どんな特性があって、どこに注意しなきゃいけないのか?


そういうのを知らなすぎます。

知らなすぎて、そのまま、ただ自分の感情と欲望に流されて、メールしてしまう。

だから、あっさりとメール無視されるんです。

まずは、
・そもそもメールとは何か?
について、とことん理解してください。

根っこの部分をバチっと押さえてもらいます。

そうすれば、無限に広がる例外、あらゆる状況、

どんな事態に追い込まれても、体の内側から「正しい答え」が湧きあがってきますから。

サブコンテンツ

このページの先頭へ