【失敗例】バイトの先輩からの紹介で知り合った女の子とのメールのやりとり

*ラインでのやり取り。
グリーンが女性です。

集中しててもすぐ飽きてケータイ触ったり寝たりですからね。。笑

んじゃSちゃんと一緒に勉強したら寝顔見放題やね笑

誰にもみられないようにして寝てますけどね!笑

電車の中では髪の毛で見えへんかったから、そういう時に見よ♪
でも見られないようにってことは突っ伏してるんかー(^_^;)なかなか難しそう!


んで、明日はS来る?笑
なんか目的が一緒に勉強からSちゃんの寝顔見るのにシフトしてしまったけど笑

女性の本音
バイト先の先輩の紹介で歳上。
はじめに先輩からメアドを教えてもらい、一度会ってお茶をする。

慕っている先輩からの紹介なので、かなり気をつかっていた。

その後LINEでやりとりするも、気持ち悪すぎて断念。

とにかくゾッとした。
気をつかって一度会っただけなのに、馴れ馴れしい態度を取られ、寝顔のくだりを見て、無視を確定。

電車の中で~というのは、会って一緒に電車に乗った時、寝たフリをしていた。



解説

恋愛経験の少ない男にとっては、判断を誤りやすいパターンかもしれません。

女性からすると、
「先輩の紹介だから気をつかって対応」
してたんですが、男はこれを、
「1回デートしてるし、脈アリ」
と判断したから、距離を測り間違えた。


やり取りの前提となる『点』のズレ。

類似パターンとして、
「会社の同僚だから気をつかってメールの返信をした」
「サークルでお世話になってるから、断れず食事に応じた」
が、男はそれを脈アリと判断するというのがあります。

どれも、慣れてくると、実際に会話している時の女性の反応から、女性のこちらに対する本当の距離感(本当はこちらに、どのくらい好意を抱いているか)は、分かるんですが、不慣れな男性には難しい。


いずれにせよ、セクシャルな話とか、好意を匂わせるとか、こういう、寝顔みたいな微妙な話は、相手との距離に自信がないなら避けるのが無難です。

サブコンテンツサブコンテンツ

このページの先頭へ