ぶりっ子の女性に気をつけろ!ファッションでやっているのか興味があるからしているのか見分ける必要がある

ぶりッ子に弱い男がいます。

そして、ぶりッ子が嫌いな女がいます。

で、ぶりッ子ってどんなんですか?って話なんですが、例えばこう。

ある女友達の家に行ったときのことです。

その子がぼくに、料理を作ってくれたんですよ。

彼女はキッチンで炒め物をしていて、僕はとなりの部屋でゴロゴロしてました。

すると、上手そうな匂いがしきたんで、僕はなんとなくキッチンに行ったんです。

彼女は、料理に夢中で、僕が近づいたことに気がつきません。

彼女の様子を見ると、一人で楽しそうに、ウインナーを炒めてました。
「た~こさんになぁれ♪ た~こさんになぁれ♪」
って。

たこウインナーを作ってたんです。

さて、この光景を、あなたはどう感じますか?

ぶりッ子ですよね。

20代なかばの大人の女が、
「た~こさんになぁれ♪ た~こさんになぁれ♪」
って(笑)


でも、気が付いて欲しいんですが、この女性、これを一人でやっていたんです。

僕へのアピールとかではなく。

で、女性のぶりッ子の大半はこれです。

「可愛い自分が好き」

誰かを口説こうとか、男を惑わそうとか、全然そういうつもりはなくて、ただただ、そういう自分を楽しんでいるだけ。

女同士はこれを、「ああやって男に媚びて、いやらしいっっ!!」と、お互いに自分のことを棚にあげて責め合うのですが(笑)

ともかく、一部の女性を除いて、ぶりッ子はたんなるファッションであって、けっして誰かに、ましてや『あなた』に向けられたものではない。ということです。

なんで今、この話をしたのかというと、可愛い絵文字をふんだんに使ったメール、とくにハートの絵文字が入ったメールを女性からの脈アリサインと勘違いしてしまう男性が多いからです。

でも、使っている女の子にとってそれは、ただのファッションです。

ハートがデザインされたワンピースを着るとか、ハート型の腕時計をするとか、ハートの飾りがついたカバンを持つとか、その延長です。

あなたに向けられたハートではなく、ファッションの一部。

本人がそれを可愛いと思って、本人の自己満足のためにやっているだけで、けっして誰かに、ましてや『あなた』に向けられたものではない。

もちろん、
・気になる男にしかハートの絵文字は付けない
とか、
・小さいハート2つは誰にでも付けるけど、大きなハート1つは、気になる相手だけ
とか、そういう女性もいます。

が、あなたに送られたメールが単なるぶりッ子ファッションか、あなたを意識したものかは、その1通のメールからだけでは判断できないんですよ。

そうして、一番重要なのは、女性のぶりッ子に目がくらんで、その女性との距離感を間違えないでくださいという事です。

要するに相手があなたの事を、
「何とも思っていない」
「判断保留」
くらいにしか認識していなかったのに、あなたが、女性のぶりッ子に惑わされて、
「あ、こいつ、オレに気がある」
と思い込み、女性があなたの事を「好き」か、少なくとも「男として興味あるのでは?」 などという、誤った現状認識をしてしまうと、そのまま、誤った行動を取ってしまう。

誤った行動は、そのまま 「男としてナシ」判定 に直結します。

特に、気になる女性が相手だと、
「もしかしたら相手もオレに気があるのでは…」
という希望的観測に陥りやすいのが大半の男性です。


くれぐれも、冷静に冷静に判断してください。

現時点で、
「判断保留」
なのか
「興味あり」
なのか
「好き」
なのか。

そこさえ冷静に、客観的につかめれば、現状がどうであれ、ちゃんとチャンスがあるのですから。

サブコンテンツサブコンテンツ

このページの先頭へ