適切なメールの返信スピード、メールの文章量はあるのか?

女性とメールをする際に、
1、どのくらいの量の文章を
2、どのくらいの頻度で
やり取りすれば良いのか?
と聞かれます。

実は、この質問自体がズレていて、
「1回のメールで50文字、これを18時間おきに1週間配信すれば、どんな女性でも落とせますよ」
なんて、ありえませんよね(笑)

文章っていうのは、それまでの関わりかた、文脈、その全てを背負って伝わるのだから、
「好きだよ」
の一言で、全てが通じることもあれば、2000文字、3000文字書いて送ったって、1ミリも理解してもらえないこともあります。

だから、全てはケース・バイ・ケース。

あなたのキャラクターと、あなたと、相手の女性との関係性、今までのやり取りの流れ、これらを元に、それぞれ、一番適切な文章の量とメールの頻度を導きだしてください。

経験を積めば、分かります。

もちろん、「単純接触の原理」とか、いかにもな心理学を根拠に、メールは、すればするほど良い、などと思うのは大間違いです。

興味のない男から毎日、無意味なメールが送られてきて、「?」とかで半ば返信を強要され続ければ、それはただのストレスですから。

メール術を含め、コミュニケーションというのはスポーツと同じなんで、運動神経の良し悪しによる、成長の個人差はありますが、誰でも、練習を積めばそこそこ上手くなります。

100メートルを10秒で走るのにはズバ抜けた才能と環境が必要だけれども、14秒~16秒くらいなら、頑張ればほとんどの人は走れるじゃないですか。

で、恋愛に必要とされるコミュニケーションレベルって、14秒~16秒程度で充分なんですよ。

普通に練習して、普通に分かる範囲。

それで充分に、女性とメールをする際に、
1、どのくらいの量の文章を
2、どのくらいの頻度で
やり取りすれば良いのか?
は、分かるようになります。

なんですが…ちょっと無責任な感じがしますので、『目安』を示します。

それは、
1、文章の量は相手とほぼ同じにする
2、返信速度も相手に揃える
です。


1、文章の量は相手とほぼ同じにする

相手が1文で30文字くらいでメールしてきたら、自分も1文で30文字くらいで返す

相手が2文で60文字くらいでメールしてきたら、自分も2文で60文字くらいで返す。


2、返信速度も相手に揃える

相手が6時間空けてきたら、自分も6時間くらいは空ける

相手が1日空けてきたら、自分も1日くらいは空ける。

だいたい合わせればオッケーです。

逆に、ぴったり合いすぎていても気持ち悪いんで、その辺は適度に調整してください。

一番マズい返信パターンが、
こちらが即返信 ⇒ 相手が2、3日空ける
すかさず返信 ⇒ 相手が、4、5日空ける
っていう流れ。
この流れは絶対に避けること。

・・・

あくまでも慣れないうちの『目安』です。

これに頼り切らないでくださいね。

それと、時々、メールを疑問文で終わらせるとか、
常に相手よりも少しだけ早く返信して、その繰り返しで、徐々にメールやり取りの間隔を縮めるとか、
返信せざるを得ないような状況にするとか、
返信せざるを得ないような文章を作るとか、

そういうことを言う人がいるようですが、これもお勧めしません。

女性がメールを返信するペースは、あくまでも、その女性のペースに合わせるべきです。

その女性が早く返信したいと感じてるのであれば、早く返信するし、返信したくないなら、疑問文だろうがなんだろうが返信しません。

ここを、あの手この手で無理矢理返信させても、それは、その女性の心に負担をかけているだけ。

同じ職場だからとか、仕事関係だからという理由で、頑張ってあなたの疑問文やペースに合わせてくる女性はいますが、ハッキリいってそれ、メールすればするほど、嫌われてますよ。

ストレスしか与えていないんで。

理論とか義務感で、無理やりメールさせようとするなってことです。

念のため……

サブコンテンツサブコンテンツ

このページの先頭へ