メールはどんな内容よりも誰から送られたかのほうが重要である

メールとは、どんな内容を送るか以前に、誰から送られて来たかが重要なツールである。

例えば、あなたのお母さんから
「おはよー。元気してる?」
っていうメールを貰ったら、
「げっ! メンドクセ(TT)」
って思うかもしれないし、

社内の、ただの同僚としか思っていないおばちゃんから
「おはよー。元気してる?」
っていうメールを貰ったら、
「え? なんでこの人、オレにメールすんの?(;一_一)」
って思うかもしれない。

すっごい気になってて、出来れば付き合いたいと思っている女性から
「おはよー。元気してる?」
って来たら、
「おいおいおい。これ、オレの時代が来たんじゃねーの?(* ̄▽ ̄*)」
って思うかもしれないし、付き合って2年くらいの彼女から
「おはよー。元気してる?」
って来たら、
「おー。元気元気? ♪」
って思うかもしれない。

全部、
「おはよー。元気してる?」
と、まったく同じ文面なんだけれども、誰からのメールなのかで、受け取る感情がまるで違ってくる。


だから、メールというのは、これからメールを送るその女性との関係性を考慮したうえで、その距離感に応じて、送る内容、タイミングを変えなければいけません。

ネットで出会った女性と、合コンで出会った女性に対して、まったく同じ文章テンプレートで済むわけがない。

男として興味を持たれている場合と、男としてナシと思われている場合とで、まったく同じ文章を送っていいわけがない。

一定の信頼関係を築いたうえで、連絡が取れなくなった女性と、信頼関係なし、興味だけで繋がり、連絡が取れなくなった女性とで、同じ対応をしていいわけがない。

1、どういう出会いをして
2、女性からどういう感情を持たれていて
3、どういう経緯で連絡が途絶えたのか
これらを状況別に、ちゃんと整理整頓したうえで、あなたがいま、その女性とどういう関係にあり、具体的に、どんなメールを送り、どんな行動を取ればよいのか。

それをきっちりまとめ上げました。

全部読んで、今後の恋愛の参考にしてください。
(全部読むことで、メールの本質がつかめます。本質さえ理解できれば、細かいテクニックなど、あなたの内側から自然と湧き出てくる。) とはいえ、このサイトを訪問してくれた人の中には、
「理屈はいいから、今すぐ、なんとかしたい女がいるんです」
「今、自分が何をすればよいのか、そこんとこが一番知りたい」
という人も多いでしょう。

そこで、ある程度状況別に分けて、どういう人が、最低限、どこを読めばよいのかも解説しました。

本当は全部読まないと、本質まではつかめないんですが、全部読んだ後の、実用性という意味で、どういう人は、どこを読めば良いか分類しました。

ご参考ください。

サブコンテンツサブコンテンツ

このページの先頭へ