2年前の元カノにメッセージして会うきっかけになったメール文

2年前の元カノ。
当時の自分の不甲斐なさからフラれたが、最近、LINEで繋がった。

無料通話で語り合っているうちに、だんだんと昔の雰囲気になり、その後、こちらから携帯のアドレスを送ったら、向こうも教えてくれた。

その後、数か月のやり取りの後、向こうが彼氏と別れたので、会うことになった。

K美、LINEでまさかまた?がるとは 夢にも思わなかったよ。(一)
まさか、K美の携帯にオレの連絡先を 今だに残してくれてたとはちよいビックリ。 あ、アドレスありがとう。
早速、メ一ルしてみたよ。

もしかして、オレらこうやってまた再開出来たのも縁があるんじゃん?
運命感じちゃったな。
これを機会に、まずは、友達からで、構わないから仲良くできたら良いな。

月日の流れもあり、オレ自身もだいぶ変わって前のへこたれ野郎じゃなくなったぜ。ま、自分で言うのも何だけどさ(^^)。
最近のオレは、色んな人から男女問わず恋愛相談とかよく持ちよられるようになってきて、つい最近はあるカップルの復活に貢献して無事成功してさ、最近、人が喜ぶ顔見るのがなんだか嬉しいと感じる今日この頃だよ。

K美、彼氏と上手くやってるかい?
ま、何かあったら、話し聞くからいつでも相談してよ。
また、話そうや(^^)


解説
典型的な復縁メールです。
2年という時間が「オレはこういうふうに変わった」 という言葉に説得力を与えます。

復縁のキモは時間ですから。

LINEで発見 ⇒ 無料通話で昔の雰囲気 ⇒ 携帯メールでその会話を引き継いでいる。
と、各ステージが綺麗に自然な『線』としてつながっていますね。

サブコンテンツサブコンテンツ

このページの先頭へ